2014年12月26日金曜日

2015年 新年のごあいさつです☆

謹賀新年 2015年新春


 通信教育部 染織コース 研究室一同




[スクーリング作品紹介]染織II-3腰機で帯を織る b

提出作品をご紹介します。
水色の側に配された赤が、効かせ色になっていますね。

大胆な構成です。緯糸方向に出ている、細い縞の効果も効いています。
































現在、b日程クラスは続々作品が提出されています。
どれも力作揃いです。
現在織っている最中の方、頑張って仕上げましょう〜〜♡
大学から応援の念を飛ばしていますよ☆

残りの作品は、新年あけてからご紹介します。
どうぞお楽しみに。(NK)

展覧会のお知らせ

皆さん、2014年もあと数日を残すのみとなりました。
慌ただしい毎日をお過ごしのことと思います。

新春に個展を開催しますのでお知らせします。




お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。(久田多恵)

[スクーリング作品紹介]染織III-4組織を織る

提出作品をご紹介します。


黒に近い紺色と、クロームイエロー、ブルーで構成されています。
中央部はブルー3種類と濃紺を一本交互に使ったよこ段模様です。

レポートにも書かれていましたが八重山に伝わるミンサー(帯)に、濃淡のたて糸を一本ずつ交互に使ったよこ段模様が使われています。
この模様はムカデの脚にたとえられ、織り手の願いが込められています。

この提出作品の場合、なぜか南国の魚を思わせます。
キラッと光る金属的な輝きを感じさせます。(久田多恵)



2014年12月22日月曜日

[スクーリング作品紹介]染織II-3腰機で帯を織る

提出作品をご紹介します。


ピンク色の濃淡と灰色がかった藤色、濃い紫色の縞です。
濃い方のピンク色は、微妙に違う2色が使われています。



紫色と赤、紺の縞を真ん中に持ってきて、両脇にはベージュと黄色。
対比の強弱が巧みに使われています。

縞を考えるには、色と色の差を大きくしたり少なくしたりといった工夫ができます。
微妙な色の違いも大きな魅力となります。(久田多恵)


2014年12月17日水曜日

[スクーリング作品紹介]染織II-3腰機で帯を織る

提出作品をご紹介します。


藤色や緑色の濃淡の中に鮮やかな赤と白の縞が映えています。

赤と白の縞は糸の色の並び方で織模様が工夫されています。

藤色、緑の濃淡の部分は色のトーンでいうとグレイッシュからライトグレイッシュ、ダルに属します。
その中にビビッドトーンの赤が入ると、色の対比で際立って見えます。
色のトーンについては2年次で使用するテキスト『カラーコーディネーター入門 色彩』をご覧ください。
同じ図が日本色研事業株式会社のウェブページにも掲載されていますのでご紹介します。(久田多恵)




2014年12月16日火曜日

ヒツジパレット2015関連ワークショップ、続々お申し込み届いています☆


約半月でもう2015年がやってきますね。

「あばり編みでミニ巾着」のワークショプのお申し込み、
本日までで、12名の方のお申し込みがありました。
定員は20名です。
ご参加を考えていらっしゃる方は、どうぞお早めに往復はがきでお申し込みください。

お申し込み方法を再びご案内します。



「あばり編みでミニ巾着」新田恭子講師
201526日(金)13:30~16:30
こんな きんちゃく が編めます☆
中に何を入れましょう?



















2014年12月1日から、往復はがきでのお申し込みを受け付けます。
先着順で20名の定員です。受講料は材料費込みで2500円です。
本学キャンパス内でワークショップをおこないます。

往復はがきに、お名前、ご住所、日中連絡のつく電話番号、メールアドレスを書いて下記へ送付してください。

送付先
606-8271
京都市左京区北白川瓜生山 2-116
京都造形芸術大学 通信教育部 染織コース研究室 宛


ご応募お待ちしております!
みんなでいっしょに「あばり」ましょう!!

あばり編みについては、ブログ「あばり編み日記」をご参照ください。 (NK)

新年に吉岡幸雄氏の展覧会、京都駅で開催されます☆

新年の始まりにふさわしい展覧会、京都駅で開催されます。
天然染料による染めで知られている「染司よしおか」の吉岡幸雄氏のいろいろな仕事が展示されます。
2,3,4,10,11,12日は11時から吉岡幸雄氏によるギャラリートークが開催されます。

そして、12月2日ー1月27日の毎火曜日、NHK Eテレ 火曜日午後21:30-21:55、
「趣味Do楽 にっぽんの布を楽しむ〜訪ねて・ふれて・まとう〜」(全9回)も放映中です。

この時期に京都にお越しの方は、ぜひご覧ください。(NK)

ーーーーーーーーーー
日本の色、四季の彩 染色家 吉岡幸雄展
2015年1月2日(金)ー1月18日(日)会期中無休
10:00ー20:00
美術館「えき」KYOTO
JR京都駅下車すぐ・ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
075-352-1111
ーーーーーーーーーー




志村ふくみー源泉をたどる 展覧会のお知らせです♪

あっという間にもう年末!!
来年の展覧会の情報がぼちぼち届いています。

染織コースで学んでいる方々にぴったりな展覧会が、
京都府南部の大山崎で開催されます。

志村ふくみ氏の作品(きものを中心にして)が前期と後期にわかれて、多数展示されます。
天然染料で染めた作品の数々、クラッシックな建物にとても映えると思います。

ぜひご覧ください♪(NK)

ーーーーーーーーーー
志村ふくみー源泉をたどる
2015年1月17日(土)ー3月15日(日)月曜日休館
10:00ー17:00
アサヒビール大山崎山荘美術館
京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
075-957-3123
http://www.asahibeer-oyamazaki.com/
ーーーーーーーーーー



2014年12月12日金曜日

[スクーリング作品紹介]染織II-3 腰機で帯を織る

提出作品をご紹介します。


黄色、水色、白、朱の縞が爽やかで夏らしい雰囲気です。
水色と白、黄色と白の部分は、たて糸が一本交互の縞になっています。


たて糸を一本ずつ交互に色を変えると、たて糸の色なのによこ段模様が織り出されます。(たて糸の密度が込んでいる場合)
同じようによこ糸も一段ずつ色を変えて織ると、よこ糸の色なのにたて方向に縞ができます。(よこ糸の密度が込んでいる場合)
糸の色と織の面白さですね。 (久田多恵)


[スクーリング作品紹介]染織III-4 組織を織る

提出作品をご紹介します。


ピンク色の濃淡とグレー、薄紫色の縞に小花の浮き織が入っています。
帯の裏に糸が渡っているのは、浮き織の花を二本取りにするためです。

華やかですね。
グレーの方を下にして締めても、逆にしても楽しめそうです。 (久田多恵)

2014年12月10日水曜日

東京藝術学舎より「印刷!その最前線へ」講座のお知らせ

冬季も藝術学舎ではさまざまな講座が開講されています。
 
 
『印刷! その最前線へ』
 
凸版印刷株式会社の協力で実現し、全5回を印刷博物館にて行なわれ、印刷の原初から現代の最先端事情まで、将来への見通しも含めて、お話いただけます。
 
印刷にご興味はある方はもちろん、版画に関心をお持ちの方々にお勧めです。
 
将来ご自分の作品集をまとめたいと思っている方、印刷の知識は役に立ちます。
興味がある方はぜひ受講してください。(染織研究室) 


詳細はこちら↓

https://ssl.smart-academy.net/gakusha/tokyo/course/detail/1441036/


[スクーリング作品紹介]染織II-3腰機で帯を織る

提出作品をご紹介します。

写真は少し赤みが強くなりましたが、作品は鮮やかなピンク色です。
明るい黄色とベージュの縞、ハート型の浮き織りが織り込まれています。


金魚柄の浴衣を絞り染めで制作、それに合わせたデザインとのこと。
着用する夏が楽しみですね。

暑い夏に開講されたスクーリングですが、冷え込みが厳しい今日このごろです。
織り終わっていない方、暖かくして織り進めてください。(久田多恵)



石股昭先生の展覧会、本日より開催です

「隣々展」開催中です。
ギャラリー鉄斎堂のウェブページに池田知嘉子さんが書かれた文章が掲載されています。
(文章の掲載は展覧会期間中のみと思われます アクセスはお早めに)
http://www.tessaido.co.jp/





ぜひご覧ください。(染織研究室)

バスケタリー・ジャパン2015 公募のお知らせです

バスケタリーはスクーリングで受講した方もいるし、またミニアチュールテキスタイル(テキスト科目)で研究した方もいることでしょう。
作品公募のお知らせがきましたのでご紹介します。





申込書は事務局より取り寄せてください。
詳細も事務局にお問い合わせください。(染織研究室)


2014年12月9日火曜日

本学教員豊島淑子氏の京都府立植物園 観覧温室の夜間開室での見学会とクリスマス・イルミネーションのお知らせ

京都府立植物園 観覧温室 見学会のお知らせです。

 観覧温室の夜間開室とクリスマスイルミネーションが開催されるこの期間に 京都府立植物園、温室内「昼夜逆転室」にて本学教員、豊島淑子氏による染織作品「月夜見の森」の見学会が開催されます。ポインセチア展、植物園プロジェクションマッピンク、ハンドベルのミニコンサートと
イベント盛りだくさんの、約10万球のLEDで装飾された樹木や花壇。
クリスマスイルミネーションの幻想的な夜の植物園へ是非どうぞ。
※「昼夜逆転室」の見学会は限定のため、メール (toyoshimasan55@gmail.com)にて
参加希望をお知らせ下さい。
    
温室内のミニツアーを予定。

※「昼夜逆転室」の見学会は限定のため、温室入口に集合してから、植物園の方に案内していただきます。
【開催日時】2014年12月20日(土) 
【集合時間】午後7時 
【集合場所】京都府立植物園 観覧温室内 入口 →地図

http://www.studiotomato.jp/natsumesha/blog_img/map01.jpg
【昼夜逆転室 開室時間】 午後6時00分~7時30分
 ※ 「昼夜逆転室」は、この時間のみ特別に開室します。
   (観覧温室の夜間開室は 午後5時半~午後8時)
   ※植物園は、午後5時に一旦閉園します。園内安全点検後、改めて5時30分より開園。
【温室観覧料】 無料
【植物園 入 園 料】
                一般 200円
    高校生 150円
    中学生以下 無料
    70歳以上の方 無料 (氏名及び生年月日が確認できるものを提示)
    障がい者手帳持参の方 無料(手帳を提示)
【アクセス】京都市営地下鉄「北山駅」下車3番出口すぐ → 植物園 北山門
             「北大路駅」下車3番出口から東へ徒歩約10分→植物園正門
   ※京都造形芸術大学からは、タクシーで約15分(約1000円 MKタクシー調べ
     市バス 204番 北大路バスターミナル行 「植物園前」下車 徒歩約5分 → 植物園 正門

京都植物園アクセス


***************************************************
豊島氏HP
















2014年12月2日火曜日

[スクーリング作品紹介]染織II-3 腰機で帯を織る

完成作品が次々に到着しております。
ブログへの掲載が追いついておりませんが、少しずつ紹介していきます。


濃い茶色にクロームイエロー、オリーブグリーンの三色のみの構成です。
濃淡の色で一本交互や二本交互にした縞など、糸の本数を工夫されています。
よこ糸はところどころにクロームイエローが入っています。



濃い紫とグレーに、白や水色の明るい色、鮮やかな赤が効いています。
たて糸方向の赤い点々は一本だけの縞、よこ糸方向の赤と水色の点々は
浮き織りで入っています。


12月に入って慌ただしくなりますが、少しずつ織り進めてください。(久田多恵)


「真綿を使った小物作り」公募のおしらせです☆

繭からできた真綿、軽くて暖かくて
今の時期、着物を暖かく着るのに重宝しますね〜〜

さて、このたび日本真綿協会が
「真綿を使った小物作り」公募を主催します。
締切は2015年1月20日(火)です。
お正月に良いアイデアが出たら、応募してみてはいかがでしょうか。

詳しくは
下のチラシの画像か、
www.mawata.or.jp
をご覧ください。

以上お知らせでした〜〜(NK)


沖縄の宮古島で展覧会が開催されます♪

沖縄産地研究のスクーリング授業をご担当の平井先生から、
宮古島での展覧会のご案内が届きました。

すてきなDMにうっとり・・・
寒い京都を飛び出して、宮古島で染織三昧♡
こんな夢を実現させてみようかしら、なんて
本気でスケジュール帳とにらめっこしてしまいました。

平井先生の作品はもちろん、多数の作家が作品を展示しています。

この時期宮古島に行かれる方は、ぜひぜひご覧ください。(NK)

ーーーーーーーーーーーー
Listen with the island
The 10th ASIA FIBER ART
exhibition in OKINAWA MIYAKOJIMA

2014年12月11日(木)ー12月14日(日)
9:00-17:00(14日は16:00まで)
宮古島市中央公民館
http://www.city.miyakojima.lg.jp/kurashi/shisetsu/koukyo/shisetu17.html


2014年12月11日(木)ー12月24日(水)
9:00-16:30
宮古島市総合博物館
http://www.city.miyakojima.lg.jp/soshiki/kyouiku/syougaigakusyu/hakubutsukan/files/museum8.pdf

ーーーーーーーーーーーー


ヒツジパレット2015 ワークショップお申し込みハガキ、続々到着中☆

はやいもので、2014年ももう12月!ですね。

ヒツジパレット2015関連
2月6日(金)開催の「あばり編みでミニ巾着」ワークショップ、
受付を開始いたしました。

本日までで、6名の方のお申し込みがありました。
定員は20名です。
ご参加を考えていらっしゃる方は、どうぞお早めに往復はがきでお申し込みください。

お申し込み方法を再びご案内します。




「あばり編みでミニ巾着」新田恭子講師
201526日(金)13:30~16:30

2014年12月1日から、往復はがきでのお申し込みを受け付けます。
先着順で20名の定員です。受講料は材料費込みで2500円です。
本学キャンパス内でワークショップをおこないます。

往復はがきに、お名前、ご住所、日中連絡のつく電話番号、メールアドレスを書いて下記へ送付してください。

送付先
606-8271
京都市左京区北白川瓜生山 2-116
京都造形芸術大学 通信教育部 染織コース研究室 宛


ご応募お待ちしております!
みんなでいっしょに「あばり」ましょう!!

あばり編みについては、ブログ「あばり編み日記」をご参照ください。 (NK)

2014年11月27日木曜日

「第8回草木染ビエンナーレ・in・あいち」開催されます。

〜草や木や実などの天然染料で制作された草木染アートの国際公募展〜

古代から受け継がれてきた、草木染の素晴らしい「彩」と「業」を伝えるとともに、草木染の次代を担う新しい完成と才能に出会いたい。(主催者のご案内より)





卒業生からご案内をいただきました。
ご入選おめでとうございます! (染織研究室)





2014年11月25日火曜日

展覧会 うた・ものがたりのデザインー大阪で開催中です☆

紅葉が雨に打たれている姿もまた美しいものです。
樹の根元に落ち葉が敷き詰められているようすは、
まるで友禅染のお着物の柄みたいです。

さて、現在、大阪市立美術館で開催中の
「うた・ものがたりのデザイン」展をみてまいりました。
小袖をはじめ、切畑健先生ご監修のもと選ばれた工芸品が沢山出品されています。
うっとりと余韻にひたりながら、美術館を後にしました。

お近くでない方も、わざわざ見に行く価値のある展覧会だと思いました。
お近くの方は、ぜひご覧ください。(NK)

ーーーーーーーーーーー
特別展 うた・ものがたりのデザイン
ー日本工芸にみる「優雅」の伝統ー
2014年10月28日(火)ー12月7日(日)
9:30-17:00
大阪市立美術館
JR・地下鉄天王寺駅、近鉄大阪阿倍野橋駅下車
天王寺公園内
www.osaka-art-museum.jp/

ーーーーーーーーーーーー




2014年11月19日水曜日

[スクーリング作品紹介]染織II-3 腰機で帯を織る

提出作品をご紹介します。

帯を締めると縞は横向きになりますが、たて糸方向に縞があるので経縞
(たてじま)です。左右対称の縞で、紫色と緑色の明快な縞割りが魅力です。

レポートには毎朝5時から1時間、帯を織り、散歩、朝食、出勤という充実した日々について書かれていました。
途中、幾度もピンチがあったけれど織り進むにつれてコツを体で会得されたこと、織り進むスピードもどんどん早くなっていったとのことです。
いつもながら作品とともにレポートにも感銘を受けます。 (久田多恵)


德山詳直 学園長の学園葬について

瓜生山学園創設者 德山詳直学園長が、かねてより病気療養中のところ、10月20日(月)に京都市内の病院で逝去いたしました。葬儀等はすでに近親者ですませましたが、以下の日程で学園葬を執り行います。お気持ちのある方は是非ご来場ください。学園長へのメッセージ、思い出、エピソードも受け付けています。

学園葬・献花受付】
日  時: 2014年12月12日(金)12:30~17:00
会  場: 京都芸術劇場 春秋座

詳細は大学のウェブサイトをご覧ください。

http://kirara.cyber.kyoto-art.ac.jp/news_and_schedule/information/detail.php?cid=-1&id=2342


2014年11月18日火曜日

大阪、空掘のギャラリーで卒業生の展覧会があります☆

京都の大学前、白川通の並木道、
素敵な秋色に色づいています。

卒業生の個展が大阪市中央区、谷町六丁目駅近くのギャラリーで開催されます。
「け・は・い」と題された加藤雍子さんの織の作品、
糸の表情を引き出した表現が見られそうですね。

お近くの方はどうぞご覧ください。(NK)

ーーーーーーーーーー
加藤雍子展 け・は・い
2014年11月18日(火)ー11月23日(日・祝)
12:00ー19:00(最終日17:00まで)
ギャラリー風雅
大阪市中央区上本町西2-5-56
tel/fax 06-6762-6201
http://www.occn.zaq.ne.jp/fu-ga/
ーーーーーーーーーー 






2014年11月2日日曜日

[スクーリング作品紹介]染織III-4(組織を織る)

提出作品をご紹介します。
10月に届いた作品です。

グリーンの濃淡と明るいベージュ、渋めの赤で構成されれいます。
濃いグリーンの中に点々と続く控えめな浮き織が入っています。

帯を仕立てた残りの裂で巾着袋も作られました。
(レポートの写真より転載)




お揃いで使うのが楽しみですね。
ひもも残りの糸で作られたようです。 (久田多恵)







2014年10月29日水曜日

ヒツジパレット2015 ワークショップにつきまして☆

2015年2月に、京都文化博物館での作品展+京都各所でのワークショップ、レクチャー、交流会、公開制作など、ヒツジにまつわるいろいろな楽しい催しが開催される「ヒツジパレット2015」に、京都造形芸術大学通信教育部染織コースも協賛しています。
関連のワークショップを本学でも開催いたします。




「あばり編みでミニ巾着」新田恭子講師
201526日(金)13:30~16:30
 
2014年12月1日から、往復はがきでのお申し込みを受け付けます。
先着順で20名の定員です。受講料は材料費込みで2500円です。
本学キャンパス内でワークショップをおこないます。

往復はがきに、お名前、ご住所、日中連絡のつく電話番号、メールアドレスを書いて下記へ送付してください。

送付先
606-8271
京都市左京区北白川瓜生山 2-116
京都造形芸術大学 通信教育部 染織コース研究室 宛





ご応募お待ちしております!
みんなでいっしょに「あばり」ましょう!!

あばり編みについては、ブログ「あばり編み日記」をご参照ください。

2014年10月28日火曜日

第7回 MARBLE'14 展 今年も開催されます!!

山だけでなく、街中の秋色も深まってまいりました。

兵庫県立美術館 原田の森ギャラリーにて
今年も、京都造形芸術大学通信教育部の絵画・染織・陶芸卒業生による展覧会、
「第7回 MARBLE'14 展」が開催されます。

お近くの方は、どうぞお誘い合わせのうえ、ごらんください。
力作揃いの数々の作品との出会い、そして
展覧会で出会う人々との語らいも楽しいことでしょう。
六甲山の色合いも絶妙に美しい、秋の神戸を満喫してください☆(NK)

ーーーーーーーーーーーー
第7回 MARBLE'14 展
2014年10月28日(火)ー11月3日(月・祝)
10:00-18:00(28日は13:00から、3日は16:00まで)
兵庫県立美術館 原田の森ギャラリー 東館1・2階
阪急神戸線 王子公園駅から西へ徒歩6分
JR灘駅から北西へ徒歩10分
http://hyogo-arts.or.jp/harada/
ーーーーーーーーーーーー



彩り・紬ぐー横浜展2014ー開催されます♪

今年も本学染織コースのOB・OGの集まりである
瓜生Some-Ori会の展覧会が開催されます!

横浜の洋館ギャラリーが会場です。
どんな作品が展示されるのか、とても楽しみですね♡
お近くの方はどうぞご覧ください♪(NK)

ーーーーーーーーーー
彩り・紬ぐ ー横浜展2014ー
2014年11月5日(水)ー9日(日)
9:30-16:30(5日は12:00から、9日は15:00まで)
横浜山手洋館 エリスマン邸ギャラリー
横浜市中区元町1-77-4
http://www2.yamate-seiyoukan.org/seiyoukan_details/Ehrisman/ ーーーーーーーーーー








テキスタイルが素敵なシャツのリミテッドショップ in 神戸♪

街路樹の紅葉もずいぶんすすんでまいりました。
冬物のぬくもりが恋しい季節になってきましたね。

神戸市の元町で、日本のテキスタイル産地で染め、織り、刺繍して、
日本で縫製したシャツの期間限定店がオープンします。
女性用と男性用、どちらのシャツもあります。
トートバッグやネクタイ(猫タイ!)などの小物も並ぶそうです。

東京銀座の松屋さんをはじめ、全国各地で期間限定店を開いて販売しています。
今後は11月21日ー27日、東京 スパイラル1Fショーケースで開催されるそうです。

お近くの方は、どうぞお立ち寄りください♪
お気に入りの一枚に出会えるかもしれません☆(NK)

ーーーーーーーーーー
kakapoのシャツ Limited shop
2014年11月1日(土)ー9日(日)
11:30-19:30

TASTE & TOUCH DECO
神戸市中央区海岸通1-2-10
deco@def-company.co.jp

http://www.kakapo.jp/kakapo/
ーーーーーーーーーー




2014年10月24日金曜日

[スクーリング作品紹介] 染織II-3 腰機で帯を織る

提出作品をご紹介します。
10月に届いた作品です。

濃い青から紫、淡い青から白へのグラデーション。
織り終わり部分には連なる山を象った浮き織りが入っています。


長く長く織り進めるのはなかなか骨の折れることです。
時には心も折れそうになりますね。
着用しているところを想像すると織り続ける元気が出てきます。

着用する作品ではないときは・・・
やはり完成を楽しみにしましょう。
制作中の作品は、まだこの世にない(作者の頭の中にだけある)ものです。
完成を見たい、という強い興味が織り進めるための原動力になります。(久田)

2014年10月15日水曜日

卒業後の活躍

先日、卒業生の方のギャラリー猫亀屋さんで展覧会をさせていただきました。
猫亀屋さんは大阪の南、みさき公園で有名な淡輪にあります。海の側の、とても気持ちのよいところです。

オーナーの今泉さんは、大学で染めを学ばれ、卒業後ギャラリーを始められました。
今泉さんとご主人が展示を手伝ってくださいます。
木の梁が立派な天井。作品の端が吊れたところです。
展示が済んで一休み、作品の下でお茶をしているところです。
圧迫感がすごかったですが、写真で見るとそれほどでも(笑)
同じ作品を京都の展覧会でも展示します。またご覧ください。
帰りに棗(なつめ)の実を頂きました。
中華料理に入っている乾燥したものは食べたことがありましたが、生は初めてです。リンゴに似た甘酸っぱい味でした。

沖縄にもよく潜りに行かれるそうで、入り口にはシーサーが座っています。


猫亀屋さんでは過去何回か展覧会をさせてもらいました。ここでの作品は色々な展覧会に呼ばれました。この昨年行われたイギリスでの展覧会(下記URL)の作品もここで展示したものです。

http://www.clothandmemory.com

運気の上がる場所というか、とてもラッキーな会場と言ってもいいでしょう。
ご夫婦のお人柄といっても良いのかもしれません。

猫亀屋さんでは、これからも色々な企画展が開催されます。
皆さんもぜひ一度、お訪ねください。
                          (高木光司)